TCDテーマ・ORIONの口コミ、評判。導入して感じたメリットとデメリットは?

TCDテーマ・ORION WordPress

TCDでは、デザインや機能性に優れたWordPressテーマを数多く販売している。

TCDの数あるテーマの中で、どのテーマを選定するか、迷ってしまうWEB担当、WEB制作者も多いのではないだろうか?

このページでは、TCDテーマのORIONについて取り上げる。実際にサイトに導入して、カスタマイズした筆者の経験から、その特徴やメリット、デメリットなどをご紹介したい。

スポンサーリンク

TCDテーマ・ORIONの特徴

TCD・ORION

TCDのORIONは、YoutubeやMP4動画、スライドショーのいずれかをトップページの一番目立つ場所に設置できる。これにより、ユーザに強い印象を与えられるテーマだ。

また、管理画面の編集機能だけで、トップページや固定ページ、カスタムの自由度が高い「特別ページ」をクオリティの高いデザインに仕上げることが可能。

TCDテーマ・ORIONのメリットは?

筆者がTCDテーマ・ORIONをインストールしカスタマイズした経験から感じたメリットは、次のとおりだ。

  1. 動画や画像がフルスクリーンでデザイン性が高い。
  2. カスタマイザーにより、短時間で一定以上のクオリティのサイトが作れる。
  3. マニュアルやカスタマイズのための情報が豊富。

ORIONでは、HTMLやPHPなどの専門知識がなくても、デザインのすぐれたページが作れる。またマニュアルもしっかり用意されているので、初心者も安心して使えるだろう。

これらは、他のTCDテーマとも共通するメリットと言える。

スポンサーリンク

TCDテーマ・ORIONの注意点、デメリットは?

TCDテーマ・ORIONを導入するにあたって、次のような注意点がある。

  1. テーマの用意したフォーマット以外はカスタマイズがやや難しい
  2. alt属性が空になってしまう場合がある
  3. パンくずリストの階層化には、手間がかかる
    (参考:WordPressテーマTCD・ORIONのパンくずリスト修正

上述のようにORIOでは、管理画面からページをデザインできる機能がある反面、その機能を超えたカスタマイズは、直接テンプレート編集が必要となる。

この場合、PHPファイルを編集できる中級以上の知識が必要となるだろう。

また、テーマ内の画像を表示するimgタグ内のalt属性が指定できず、空っぽの状態で出力する箇所がいくつかあった。

SEOを徹底したい場合、alt属性が空、というのはマイナス要素だろう。

TCDテーマ・ORIONの価格、デモページ

ORIONの価格は、次のとおりだ。

ORION 一式(解説マニュアルつき) 価格: 12,980円(税込)

購入やデモページの確認は、公式サイトから可能だ。

まとめ

以上、TCDテーマ・ORIONの口コミ、評判について、実際に導入した体験から紹介した。

デザイン性の高いコーポレートサイトを作りたい人は、ぜひ参考にしてほしい。

スポンサーリンク