WordPressテーマ・スワローの口コミ、評判。実際にブログに導入して3ヵ月使った感想

wordpressテーマ・スワロー WordPress

新たなWordPressテーマを検討中のあなたが、SWALLOW(スワロー)も候補にしているのであれば、口コミや評価、メリット、デメリットなど気になる点は多いのではないだろうか?

本記事では、当サイトでスワローを導入して、3ヵ月ほど使ってみた感想、メリットや注意点について紹介したい。

これからWordPressテーマ導入を考えている人は、他のテーマとの比較検討の材料にしてもらえたらうれしい。

スポンサーリンク

WordPressテーマ・スワローの特徴

WordPressテーマ・SWALLOW(スワロー)はテーマ販売サイト・OPENCAGEの開発したテーマで、次のような特徴・機能を持つ。

  • レスポンシブデザイン
  • 無駄な機能を削ぎ落としたシンプルなデザイン
  • ショートコードで簡単にページ装飾ができる
  • ONEカラムのランディングページが作成できる
  • ウィジェットでCTA(コール・トゥ・アクション)の設置が簡単
  • トップページのカスタマイズ機能で様々なレイアウトが可能

HTMLやCSS、プログラムなど専門知識がなくても、ある程度デザインが作れるので、WordPressで初めてブログを作るという人にもおすすめのテーマだ。

ちなみに、OPENCAGEでは、スワローの他、以下、3種類のテーマをリリースしている。

  • ストーク
  • ハミングバード
  • アルバトロス

スワローは、ストークから必要な機能を厳選したものだけを採用した、ストークの後継版となる。スワローに比べて、ストークの方が機能が多い分、若干価格が高くなっている。

スワローの価格・購入方法について

スワローの価格は、税込9,900円となっている。

購入は、OPENCAGEの公式サイトから、カートに進み、クレジットカードかPayPalで決済後、ダウンロードできるようになる。

WordPressテーマ・スワローのメリットは?

上記に紹介したスワローのいくつかの特徴の中で、筆者が実際にインストールしてみて感じたメリットを次に挙げる。

ワンカラムのランディングページ機能

スワローでは、固定ページのテンプレートを選択するだけで、ワンカラムのランディングページに適したデザインを適用できる。ランディングページは、ブログ内で特定のサービスや商品を紹介したいときに使える機能だろう。

ランディングページのサンプル

スライドショーが簡単に設置

スワローのスライドショー

スワローでは、トップページの上部に特定記事のスライドショーを設置できる。

投稿記事も固定ページも、タグに特定のスラッグ(pickup)を追加することで簡単にスライダーに掲載が可能だ。

この機能により、更新日時が新しい順に表示されるブログの中で、日時に関係なく表示させたい記事をアピールできる。

ショートコードでデザインしやすい

スワローはショートコードが約10種類を用意されている。
それらを使うことで、HTMLやCSSの知識がなくても、カラムレイアウトや強調表示、ボタンなど、デザインされたパーツが表示できる。

注意点として、スワローで使用したショートコードは、別テーマに変えたときには、使えなくなってしまう点がある。(ショートコードが変換されずに、そのまま表示されてしまう。)

この対策として、次の記事で、ショートコードを使わずにスワローのデザインパーツを利用する方法について解説した。

スポンサーリンク

WordPressテーマ・スワローのデメリット、注意点は?

次に、スワローのデメリット、注意点について紹介していく。スワローの標準機能で使用は問題ないが、以下の問題を改善していく場合、多少知識が必要かもしれない。

SEOはプラグイン設置にて対応が必要

トップページや各記事、固定ページの、タイトルタグやメタディスクリプションタグは、SEOの内部施策において欠かせない。

スワローでは、SEOのためのカスタマイズ機能はサポートされていない。そのため、SEOの王道プラグイン・All in One SEO Packが推奨されている。スワローを導入したら、All in One SEO Packのインストールはセットで実施しよう。

All in One SEO Packなら、googleにクロールしてもらうための、XMLサイトマップの作成機能も付属している。

1回の購入につき、1サイトのみしか利用できない

スワローを開発しているOPENCAGEの利用規約には、以下のとおりの表記がある。

スワロー利用規約抜粋

1回の購入につき、1サイトのみしか利用できないという点は、導入にあたって注意が必要だ。

表示速度は、それほど速くなく、平均的

gooogleの表示速度ツール・PageSpeed Insightsで、スワローのデモページを計測した結果は次のとおり。

これを見る限り、スコアはそれほど高くなく、ページ速度が早いとは言えない。サイトのページ速度を重視するのであれば、キャッシュ系プラグインの導入などカスタマイズしていく必要があるだろう。

まとめ

以上、WordPressテーマ・スワローの口コミ、評判、使い勝手や特徴、メリット、デメリットについて紹介してきた。

料金やデザイン、使い易さをトータルで考え、一部のデメリットはあるものの、初心者向けWordPressテーマとして、スワローはバランスは良く作られている。

WordPressテーマに多少コストを払っても、クオリティが高いものを使いたいというサイト運営者はぜひ参考にしてほしい。

スポンサーリンク