SNSを利用した広告、マーケティングにおいての重要な6つのキーワードとは

WEBマーケティング

WEBメディアを運営するにあたり、SNSマーケティングは新たな広告手段として欠かすことはできません。比較的新しい分野であるため、専門用語がわかりづらいと考えるWEB担当者も多いのではないでしょうか?

この記事では、SNSマーケティングの基本的な専門用語をまとめました。これから集客アップを目指すあなたのビジネスに活用していただければ幸いです。

スポンサーリンク

インプレッション

インプレッションは、商品やサービスの広告が何回表示されたかを確認するための用語です。SNSマーケティングでも同じくの画面に広告が何回表示されたかを確認でき、一度の表示で1インプレッションになります。SNSを代表するTWITTERやFACEBOOKにおいてインプレッションは、ツイートや投稿が何度表示されたか、タイムラインにどのくらい現れたかを表示します。

注意したいのがインプレッションはクリックされた回数ではなく、表示された回数で、投稿がクリックされたかどうかは関係ありません。

リーチ

リーチは商品やサービスの広告、投稿を何回見られたのかを表します。リーチは利用者が商品やサービスに興味を持った方の指標と言えます。

リンク広告やSNSでの広告においてリーチ者が多ければリーチ数が多いということになりますが、インプレッションよりも少ない数値になります。

スポンサーリンク

セッション

セッションはユーザーがSNS、サイトに訪問したかを表す数値で、仮に10人がサイトを観覧した際には数値は10カウントになります。同じユーザーがサイトを観察していても同じです。その分がカウントされますので同じ訪問者が訪問した時点でも再度のカウントになります。

フリークエンシー

フリークエンシーは1人のユーザーに何度広告を提供したかを知ることができる数値になります。

一人にユーザーに対しての数値を図ることができるため、集中的なSNSマーケティングをしたい方はフリークエンシーの回数を増やすことで、さらなるSNSマーケティング効果を得ることができるといわれています。

アクション数

アクション数は、広告に対しての反応を表す数値で、FACEBOOK、TWITTERではリツイートの回数や、FACEBOOKでは「いいね!」「シェア」された数値を表します。

アクション数はSNSマーケティングにおいて関心を持ってくれた方の数値を表します・。広告を見たSNSユーザーが、興味があることを示すアクションの数がアクション数になります。

アクティブユーザー

アクティブユーザーの数値はいわゆる商品やサービスに興味を持っているファンの数値を示します。

一定期間内に数度訪れているユーザーの数値です。アクティブユーザ数は期間で分けて確認することができます。1か月間のアクティブユーザー数、1週間、1日のアクティブユーザー数を確認できます。平均的な利用頻度から適切な指標で測るようにしましょう。

おわりに

専門用語を覚えておくと更なるSNSマーケティング、ビジネスの促進につながり、データを参考にしてより良いSEOを行うことができます。売り上げや利益を上げるために活用している企業や団体も増えていて、積極的に活用していけばユーザーにサービスや商品を積極的に紹介することが出来ます。

SNSマーケティングの基本用語をマスターしておけば、どのくらいの人が商品やサービスに興味を持っているかどうか?などを確認でき、より有意義なネットマーケティングができるようになります。

企業のSNS運用でもマーケターは基礎的な用語を覚えておいたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク