サイトのアクセス数が伸びない!いますぐ確認すべきSEOチェックリスト10項目

SEO

Webサイトを立ち上げてしばらく経過したのに、なかなかアクセス数が伸びない…ということもありがち。一般公開されているWebサイトなら、まずはSEO(検索エンジン最適化)ができているかチェックしておきたいところです。

あらためて確認しておきたいSEOの基本的なポイントを、10項目のチェックリストにまとめました!

スポンサーリンク

1)1ページ=1キーワードを意識しているか

1ページごとにターゲットとなるキーワードを1つ選定するのが基本。キーワードを設定しておくと、タイトルや本文などを作るときもキーワードを含めやすくなりますし、テーマがブレにくくなります。順位調査をするときにも有効。ページごとに対象キーワードが明確になっていれば、調査しやすいメリットがあります。

2)タイトルや見出しにキーワードが含まれているか

Googleのクローラー(Web上を自動巡回しページの評価をするプログラム)は、特にページのタイトルや見出しを重視します。ターゲットとなるキーワードを必ず含めましょう。(パンくずリストやメタタグなどもあわせて対応を!)

スポンサーリンク

3)サイト内リンクを設定できているか

サイト内リンクを貼るときは「詳細はこちら」という文言ではなく、対象キーワードを含めたリンクテキストにしたほうがSEO効果が見込めます。

4)1ページのコンテンツボリュームが不足していないか

検索するユーザーに役立つ内容かという点を、Googleは重視します。そのため1ページあたりの文字数が少ないと、評価されにくい可能性も。500文字以下のページはコンテンツを増やしてみましょう。

5)画像ALTタグにキーワードが含まれているか

ALTは本来、画像が表示されないときに代わりに表示されるテキスト。GoogleもガイドラインでALTの設定を推奨しています。ALTにもキーワードを入れておきましょう。

6)モバイル対応できているか

Googleではモバイル対応できているかも評価します。CMSを導入している場合、レスポンシブ対応テンプレートを使えば基本的にはOK。通常のHTMLで構成されたページの場合は、別途モバイル向けページを設けるなど対策しておきましょう。

7)重複しているページがないか

似たコンテンツのページが同じサイト内にあると、SEO効果がでないことがあります。定期的にサイトをチェックしましょう。例えば同じランディングページを複数設ける必要があるときは「robots.txt」ファイルにて指定ページをGoogleクロール対象から外すこともできます。

8)Googleガイドラインに違反していないか

Googleのガイドラインに違反しているとペナルティを受けてしまい、最悪の場合は検索結果から全ページが非表示になってしまうことも。再度ガイドラインに目を通しておきましょう。

Googleガイドライン
https://support.google.com/webmasters/answer/35769?hl=ja

9)Sitemap.xmlの設置・更新をしているか

ページを追加・更新するたびにGoogleクローラーに巡回してもらえるようにしておきましょう。Sitemap.xmlというクローラー向けファイルを設定しておけばOKです。CMSを使っている場合は、Sitemap.xmlを自動更新できるように設定しておきましょう。

10)外部サイトからリンクが貼られているか

SEOはHTMLなどを調整する内部対策とあわせて、他サイトからのリンクを増やす外部対策も必要です!関連サイトや他社のサイトからリンクを自然に増やせるよう、様々な媒体を使ってPRしていきましょう。(※有料でリンクを貼ってもらうサービスはNGなので要注意)

まとめ

一般的なWebサイトなら、検索エンジン経由の流入がメインというケースも多いはず。10項目はいずれも難易度はそれほど高くありません。できるところから着手していきましょう。もちろんGoogle Analyticsなどのアクセス解析ツールを使って、効果測定をすることも重要です!

スポンサーリンク