WordPressのバージョンを下げる(ダウングレードする)手順

WordPress

ごくまれにですが、ワードプレスのバージョンを上げたことにより、それまで動作していたプラグインが動かなくなるなどの不具合が出る場合があります。

この問題を回避する場合の、ワードプレスのバージョンを古いものに戻す(ダウングレード)方法をご紹介します。

ファイルやデータベースを壊してしまう可能性があるので、慎重に作業を進めることをおすすめします。

スポンサーリンク

1. データベースをバックアップ

WordPressで使用しているデータベースが作業中に万一破損することに備えて、バックアップをとっておきます。

たいていのレンタルサーバには、データベースを操作するための、phpMyAdminというツールが使えますので、そのツールを使ってデータベースのコピーをとります。

↓phpMyAdminを使ったデータベースのバックアップの手順はこちらが参考になります
データベースのエクスポート – phpMyAdminの使い方

2. サーバの全ファイルのバックアップ

FTPソフトなどで、ワードプレスをインストールしたフォルダ内の全ファイルをまるごとダウンロードしておきます。

これでデータベースと同じく、万一手違いがあったときに(間違ってファイルを上書きするなど)、作業前の状態に戻せるようになります。

3. 古いバージョンのWordPressをダウンロード

古いバージョンのWordPressを公式サイトからzipファイルをダウンロードします。

WordPress › 日本語 « リリース

ダウンロードしたzipファイルを解凍しておきます。

4. 不要ファイルをサーバから削除

サーバ上のフォルダ内で、以下のファイルとフォルダを残して、これら以外を削除します。

  • wp-config.php (データベース情報などの設定ファイル)
  • .htaccess (もしあれば残しておく)
  • wp-content(テーマやアップ済画像などの各ファイル)
  • 公開フォルダ直下に画像やCSSフォルダがあれば、それも残す。

5. 古いバージョンの各ファイルをアップロード

zip解凍した、古いバージョンのワードプレスの各ファイルをサーバにアップロードします。

そのときに、wp-contentフォルダは更新しないので、アップしないようにします。

6. 更新の確認

管理画面へログインすると(一度自動でログアウトさせられます)、「データベースを更新しますか?」のメッセージが出たら、「はい」を選び、その後、管理画面にログインできたら、作業が完了です。

管理画面内で、バージョンの表示確認すると、バージョンが古いものになっていることが確認できます。

スポンサーリンク