業務委託エンジニアが個人WEBサービスを作る記録

サービス開発

WEBサービスをリリースして、ユーザを獲得したい。
このページで、目的や企画概要とともに、進捗も記録していく。

スポンサーリンク

WEBサービスの企画概要

なぜ作るの?

  • 将来は受託ではなく、自前のプロダクトで身を立てたい
  • 人に使ってもらって評価を得たい
  • 技術力アップ
  • 実績作り

目標

  1. (最重要)2020年5月リリースする(開発期間60日以内) →9月末まで延長
  2. ユーザの課題を解決できること

受託仕事をやりながら、個人開発を継続するには、せいぜい2ヵ月くらいしか集中力が持たなさそう、というのが一つ。

自分のスキルを考えれば、とにかく機能を限定したものにしていく。あれこれ付け足したくなって、いつまでもリリースできない状態は避けたい。

考えたもの

体重、体脂肪率の記録し、StravaのAPIから取得した運動記録 を一緒にグラフで表示できる、というもの。

私は、日々のランニング記録にStravaを使っていて、体重、体脂肪率は、簡単なアプリにメモしているが、日々の運動と体の変化をグラフで見れるようにしたい。

Stravaのユーザで、同じような需要がある人に届けばと思う。

サービスを一言であらわすと

“Stravaユーザ”の”ダイエットしたい”を解決する、”体重記録と運動履歴を一覧”できるWebサービス「Strackers」

リポジトリ

https://github.com/hdmt/strackers

意気込み

これまで何度も挫折してきたので、今回はなんとか形にしたい。

ビジネスの世界では、アイデアには値打ちはない。本当の価値は、(アイデアが)うまく実行されることで生まれる。
(革新的ソフトウェア企業の作り方/Eric Sink)

スポンサーリンク

進捗記録

上述からの、その後の記録。

2020.5.24

3月くらいに思い立ってから、50日くらい経った。

調べ物して、大まかな設計して、簡単な環境構築はやったものの、成果物はない。
この記事ごと消して、全てなかったことにしてしまいたいが、、

  • 作業の細分化のため、タスクのリストを作り直した。
  • 進捗の記録のため、このコメントを追記した。

2020.5.26

  • vue.js で一から勉強するのをやめて、react + firebaseで開発進める。ひとまずローカルにcreat app
  • 本業の進捗悪すぎる

2020.5.27

プロジェクトをgit push

2020.7.30

とある本を読み、もう一度やる気を出して、この記事もアップデート。
next.js の 環境変数のimport。

2020.7.31

githubリポジトリをとりあえずpublicに。
Firestoreの設定を軽く調べる。
タスクを洗い出し。

2020.8.1

cssフレームワーク Tailwindを軽く調べる。
Firebaseの初期設定。

2020.8.4

Firebaseエラー↓の調査途中。

FirebaseError: projectId must be a string in FirebaseApp.options

2020.8.7

Firestore ルールの設定で期限無しに変更、テストデータの入力

2020.8.9

エラーでいろいろつまづくので、React、Firebaseのチュートリアルなど見直し。
リポジトリ再作成。

2020.8.19

Firebaseのチュートリアル。Cloud Strorageの実装。

2020.9.1

Firebaseのチュートリアル継続。Firestore保存の途中。

2020.9.7

チュートリアル|動画uploadのメソッド

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です